里崎激怒…今度は個人情報漏えい・国内・海外・経済・エンターテインメント・スポーツ・芸能・テクノロジー・地域情報など、様々なジャンルの気になった出来事を独自の視点で綴ります。

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

里崎激怒…今度は個人情報漏えい


ロッテ・里崎智也捕手(30)が11日、千葉マリンスタジアムで契約更改に臨んだが、球団が里崎への提示額を他選手に漏らしていたことを理由に、契約更改を保留した。2500万増の8000万円の提示額には納得しているものの、球団の不手際に不信感をあらわにし、怒りをぶちまけた。 

里崎選手、もっと貰っても・・・そう1億円プレイヤーでも良いのでは?
午前中に千葉マリンスタジアムで始動した里崎は、ランニング、キャッチボールなどで汗を流し「今季は、昨年の数字をすべて上回りたい」と笑顔を見せていた。だが、その後行われた契約更改交渉後、その表情は一変した。
 「サインしていません。問題が起きました」。里崎は、そう切り出して怒りをあらわにした。理由については「僕に非は1つもない。球団に聞いてください」と繰り返した。
 今オフ、契約交渉中の不手際が他球団では相次いだ。あくびをされた阪神・関本。着メロが鳴って保留の西武・赤田…。だが里崎は「そんなくだらないことじゃないッスよ」。入団以来初めての保留の理由はさらに深刻だった。
 この日が里崎は初交渉だったが、自身が提示額を知らされる以前に、球団が他選手との交渉の席で、里崎への提示額を明かす“個人情報漏えい”を犯していたのだ。事実を知った里崎は、球団を問いただしたが「納得のいく返事がなかった」という。
 狭間球団代表補佐は「球団に不手際があり謝罪をした。彼に不信感を与えてしまったので、来年以降はこういうことがないようにしたい」と平謝り。だが里崎は「(更改は)球団次第でしょうね。譲れない部分ですから」と徹底抗戦の構えだ。
 2月の豪州・ジーロングキャンプも「(自費参加も)あります。わだかまりを持ったままではね」。今月中にも行われる次回交渉が注目される。


やっぱ、額をバラしちゃまずいって
でも、他人がいくら貰っているかって気になるね

(引用:ライブドアニュース)
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。