米コカ・コーラ元秘書の裁判、始まる=ペプシへの機密漏えい疑惑で・国内・海外・経済・エンターテインメント・スポーツ・芸能・テクノロジー・地域情報など、様々なジャンルの気になった出来事を独自の視点で綴ります。

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

米コカ・コーラ元秘書の裁判、始まる=ペプシへの機密漏えい疑惑で


AP通信によると、米飲料大手コカ・コーラのグローバル・ブランド部門の経営管理アシスタントが、競合企業のペプシコに売り込む目的で、自社の機密書類と開発サンプルを持ち出したとして、謀議の容疑にかけられていた裁判が、今週から始まる。  昨年に元アシスタントのジョヤ・ウィリアムズ被告が、話を持ちかけたエドムンド・ドゥハニー被告とイブラヒム・ディムソン被告と共謀し、発売前の新製品のサンプルと機密書類を会社から盗み出し、ペプシコに売ろうとした疑惑が浮上した。

映画になりそうな事件ですね。
【ライブドア・ニュース 2007年01月15日】- AP通信によると、米飲料大手コカ・コーラのグローバル・ブランド部門の経営管理アシスタントが、競合企業のペプシコに売り込む目的で、自社の機密書類と開発サンプルを持ち出したとして、謀議の容疑にかけられていた裁判が、今週から始まる。

  昨年に元アシスタントのジョヤ・ウィリアムズ被告が、話を持ちかけたエドムンド・ドゥハニー被告とイブラヒム・ディムソン被告と共謀し、発売前の新製品のサンプルと機密書類を会社から盗み出し、ペプシコに売ろうとした疑惑が浮上した。同年5月にペプシコがコカ・コーラに通知、これを受けてFBI(米連邦捜査局)の秘密捜査が行われ、昨年7月に3被告は逮捕、ウィリアムズ被告は会社からも解雇処分を受けていた。謀議の容疑で有罪判決を受けた場合、ウィリアムズ被告には最高で懲役10年が科せられる可能性がある。

  ドゥハニー、ディムソンの両被告はアラバマ州モンゴメリの刑務所で同時期に服役していた仲間。2被告はすでに罪を認めており、証人尋問ではウィリアムズ被告に不利な証言を行うと見られている。

  ウィリアムズ被告側の弁護士は、「事件は事情のわかっていないウィリアムズ被告が2被告にだまされたもので、犯行に意図的には関わっていない」と反論、前科者の両被告の証言の信憑性を突破口に、事件への関与を否定していく方針だ。ただ、検察側は、文書を探して持ち出す姿を捕らえた防犯ビデオ画像や、サンプルと思われるボトルを持っている被告の目撃証言などの証拠をすでに押さえており、苦しい立場に立たされている。


状況証拠は厳しいですね。こんな映画みたいな事が大手でもあるんですね。

(引用:ライブドアニュース)
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。